​雪国青森に適した丈夫な基礎

​強固な躯体と安心を!

注文住宅 構造計算

全棟許容応力度計算を

標準仕様にしました

当社では以前までも一般的な4分割法の壁量は建築基準法の求められる構造壁量はすべて倍以上入れる仕様にしておりましたが近年の自然災害等の各地の被害等を重くみて、オプションであった許容応力度計算を2018年度後半の物件より標準に切り替えることにしました。長く住み継ぐ住まいです。お客様にさらなる安心と確実な安全を担保することができると思い標準採用にいたします。400ページを超える構造計算、地盤調査から割り出される地盤補強、基礎工事から上部構造まで一貫した考え方で建物の垂直荷重のみならず水平合成まですべて計算し確認をします、積雪荷重1.8mの雪深い青森で地震にも強い家造りを実現します。

標準仕様

  1. 全棟 基礎幅150mmに880mmの基礎高さ&ベース幅は600mm

  2. ホウ酸入り防蟻断熱材を土間下含めてすべて標準採用   
  3. 第三者の瑕疵保険付き検査で確実な施工を実現

標準でベース幅600mm 立ち上がりの基礎幅は150mm 高さは880です
青森での凍結震度を加味しております
​基礎砕石転圧状況
​しっかりと現地にて配筋検査、第三者の瑕疵担保保障の検査も受けます。
​標準仕様のホウ酸入り防蟻断熱材にて基礎の両面をサンドイッチで断熱していきます
​標準仕様のホウ酸入り防蟻断熱材
大量に使用するには土間下も全面断熱するためです
丁寧に敷きこまれた断熱材
家の熱を逃がさないこの工事も標準仕様です
断熱材を敷き込み前に防湿の為のシートを敷きこみます。こちらも金融公庫の指定以上の標準仕様で0.2mmを採用しております
​大量に敷きこまれた断熱材の上に割れ止めのメッシュシートを敷き込み防湿コンクリートをさらに打設して基礎工事が完了いたします。

017-788-1713

Tel