​土台敷き編

​強固な躯体と安心を!注文住宅構造計算

全棟許容応力度計算を標準仕様にしました

当社では以前までも一般的な4分割法の壁量は建築基準法の求められる構造壁量はすべて倍以上入れる仕様にしておりましたが近年の自然災害等の各地の被害等を重くみて、オプションであった許容応力度計算を2018年度後半の物件より標準に切り替えることにしました。長く住み継ぐ住まいです。お客様にさらなる安心と確実な安全を担保することができると思い標準採用にいたします。400ページを超える構造計算、地盤調査から割り出される地盤補強、基礎工事から上部構造まで一貫した考え方で建物の垂直荷重のみならず水平合成まですべて計算し確認をします、積雪荷重1.8mの雪深い青森で地震にも強い家造りを実現します。

土台はすべて国産無垢材を使用

標準仕様で国産材であり

ヒノキ、青森ヒバの土台を

使用します。

防腐材を加圧注入された物は

使用しません

土台用専用気密部材

​専用の土台気密部材で確実な気密を確保します。現在の当社の標準仕様品は日本住環境製の天端リストを採用しております。0.2mmの防湿シートがついており先張りシートの役目も果たす優れものです。

​気密材の確実な施工

​せっかくの高性能な製品も確実な施工がなければ意味を成しません。自社大工の丁寧な作業で施工精度を高めます

​ホウ酸入りの防蟻、防腐処理も標準仕様です。

薬品系ではないホウ酸が入った防蟻、防腐材の施工も標準です

​土台、大引き全面塗布

防腐、防蟻剤は適量を全面にくまなく塗布します。

​見えなくなってしまう所だからこそ丁寧な施工が求められます。

​土台先張りシートの処理

​折り返したシートは入念に処理します。小さな事の積み重ねが高気密住宅を作る上では欠かせません。

​冬季間の基礎工事風景

​施工精度を高めるために冬季間の工事では仮設の屋根をかけて行います。雪深い青森での冬季間で確実な施工を実施する為、当社では実施させていただいております。結果として季節を問わず確実な施工が可能となります。

017-788-1713

Tel